« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »

2004年7月の23件の記事

漢字が書けない

DSC_1306.jpg

新聞の記事に「読めるが書けぬ」とあった。
PCや携帯の普及で難しい漢字を使うようになったが
語句の意味を理解していない傾向があるようである。

手紙や字を書くときわからなければ
辞書を引いて調べるが
メールや掲示板だと漢字変換して
間違えても気がつかないで送信してしまうことがある。
後から見ておかしいことに気がついても
修正できないときはそのままになってしまう。
漢字は難しくますます書けなくなっていきそうだ。

街路樹が枯れていく

DSC_1298.jpg


ここのところの暑さで通りに沿って植えてある
低い樹木が枯れ始めている。
いつもだったら青々している木が
紅葉ではなくて汚く部分部分が枯れているところと
葉の色が茶色がかっているところがあり、
見ていると痛々しい感じだ。

最近夜になると眠くなってしまい
写真の整理がなかなか進まない。

画像はベランダで咲いているワセイハッカ

旅行の続き

DSC_1111.JPG

バスガイドさんの話によると
十和田湖周辺の
観光客は以前より減っている、
東北のスキー場も閉鎖しているところがあると
なかなか厳しいそうである。
自然を守りながら観光客を受け入れていく
観光地での収入が町全体に影響している。

今度のツアーは歩くことがメインで途中お土産屋さんには
一軒も立ち寄らなかった。
盛岡駅の近くになると秋田の名産物をいろいろ教えてくれて
お土産を買っていって(お金を落としていって)欲しいと話していた。

写真は奥入瀬渓流、3時間よく歩いた。
今回カメラを持って歩くのは正直言って重かった。
デジ一眼レフがもっと軽くなればいいのにと思う。


白神山地

DSC_1220.JPG

白神山地、名前を聞くようになったのはここ何年かで
パンフレットの写真を見て行ってみたいと思った。
観光客が来るような場所ではなく
世界遺産に指定されてから観光バスが入るようになったそうだ。
道が狭いので車もすれ違うことができないところがある。
ダムの建設のため近くの集落は移転していた。
自然を守っていくのにはお金も必要だし
観光客も受け入れていかないといけないのかな。
私達は自然の中を歩くことで気持ちも落ち着くし
すばらしい光景も見ることができる。

八幡平・白神山地のアルバム

東北も暑かった

DSC_0823.jpg

3日間のハイキングも無事終わった。
登山ではなくハイキングで楽なコースであったが
最終日の白神山地の暗門ブナ林から滝を見に行くコースは
ちょっときつかった。
途中道が細くなってすれ違いもできないし
水の中に落ちないように気をつけないと危ない。

写真は初日の八幡平の木道と青空。

八幡平・白神山地のアルバム

明日は東北へ

DSC_0458.JPG

明日から八幡平・八甲田山・白神山地を回るツアーに参加する。
3日間ともハイキングがあるので遅れないように気をつけないと。
写真も撮ってくるつもりだがあまり自由行動がないかもしれないので
どの程度撮れるかな。
雨は大丈夫そうだが暑くなったらいやだな。

厳しい暑さ

DSC_0499.JPG

本当に暑い一日だった。
午後から花博展示の打ち合わせに行った。
出展するメンバーと離れているので全員と会うのは
制作当日になるだろう。
デザインの方向性は見えてきたがどうやったら実現するのか。
材料、資材の調達、場所の割り振りなどまだまだ
決めていかないといけないことが多い。
日程が9月上旬という季節も頭が痛い。
普通の花もこの暑さでは持たないので考えないと。

べランダでミモザがだいぶ大きくなっていた。

公開録画

DSC_0485.JPG

ベランダでミニバラグリーンアイスがぽつぽつと
また咲き始めている。

友人が葉書を出してあたった公開録画のライブを見に行った。
出演者は押尾コータロー(ギタリスト)と三沢またろう(パーカッション)
それぞれの持ち味を生かした演奏が素晴らしく
もっと長く聞いていたいと思った。

8月、9月とまた押尾コータローの演奏を聴く機会が
あるので楽しみである。

とても暑かった

DSC_0603.JPG

行田にある古代蓮の里に行ってきた。
朝早く行ったつもり(現地に8時前についていた)
しかしすごい人だった。
カメラを持った人、三脚で撮っている人、
見学だけしている人がぞろぞろと歩いていた。

写真を撮っては奥のほうに行くと
自生している蓮の花を見ることができた。
人は少なくカメラをもった人たちが
同じ場所でじっと撮っていた。
朝4時ごろから来ている人もいるようだ。
座っている人たちの会話を聞いてすごいなと思いながら
通り過ぎていく。

とても暑くて汗がびっしょりで、
もう一つ近くの公園に行く予定だったが
寄らないでもどった。

綺麗な蓮の花を見つけて撮るのは難しい。
PCで確認するといまひとつの写真が多くて・・

古代蓮の里のアルバム

レンズがやってきた

DSC_0461.JPG

ベランダで咲いている合歓の花。
小さな花で、ポツリポツリと忘れたころに咲いている

夕方カメラ屋に行った。
レンズを購入することを伝えて
G3の下取りを頼んだ。
店長がデジカメを見てぎりぎり3万で取ってくれた。
買ったレンズはシグマのデジカ一眼レフ専用で18-125mmである。
明日蓮の花を撮りに行くのに使ってみよう。

やっとそろった

DSC_0515.jpg

カットしておいたネメシアの茎からまた花が咲いている。
とても小さいが1輪の花の形が顔のようでおもしろい。

G3を下取りに出すために買ったとき一緒に梱包されていた
備品をそろえたがワイヤレスリモコンだけが
見つからなくてあちこち探し
3日目でやっと見つかった。
めったに使わないバックの中にしまってあった。
さて、明日カメラ屋に行けるかしら。

ビオラ ブラックデライト

DSC_0460.JPG

7月になってもビオラがまだ咲いている。
間延びしてきたのでそろそろ咲き終わりかなと
思うがもう少し抜くのは待ってみよう。
去年の11月に苗を買ったのだがここまで咲き続けているのは
今までの中で最高記録である。

マクロレンズ

DSC_0411.jpg

職場の近くのカメラ屋でタムロン90mmを購入した。
早速ベランダで撮ってみる。
なかなか綺麗に撮れていいみたい。

DSC_0441.jpg

実はもう一本旅行に持っていくために
ズームレンズを買おうと思う。
ニコンの手振れ防止がついているレンズ(24~120mm)もいいが
575gはちょと重たいかな。
シグマの新製品(18~125mm)が385gと軽そうだ。
キットで買ったレンズも本では評価が高いが
ちょっと物足りない。(望遠、広角とも)
買ったばかりで贅沢だといわれるかもしれないが
範囲がかぶってしまうとあまり使わなくなるかもしれない。

カメラ屋でデジカメの下取りをしてくれるので
今まで使用していたG3の金額を確認してみると
箱、説明書などそろっていて3万円で引き取ってくれるそうだ。
デジカメは持っていて次から次から新しいものが出てくるので
持っていても価値は下がるばかり。
思い切って売ってしまってレンズを買おうかしら。

観賞用パイナップル

DSC_0020.jpg

切花の観賞用パイナップルを鉢植えにしてみた。
花屋さんで聞いたとおりに上の部分(実)を
カットして土の上に乗せただけだが
うまくつくだろうか。
花が咲くということなので
とても楽しみである。

明日の行方は

DSC_0321.jpg

朝、選挙に行ってきた。
正直言ってどちらに転んでも
状況がすぐにはよくなるとは思わないが
もっと議論をしてほしいと
考えている人たちは多いのではないか。
選挙速報を見て今の日本が
この雲のように見えてきた。
厚い雲もいずれは消えていくが
この国にかかっている雲が
なくなって晴れ間が見えるのはいつだろう。

ビデオ「game」を見た。
PC、携帯電話をうまく使っているのは
今の時代にあっているし、
展開に無理があるところもあるが
ひょんなことからの誘拐、どんでん返し
思いがけないラストまでなかなかおもしろい。
こんな終わり方もいいのかも。

昭和記念公園へ

DSC_0157.JPG

午前中、昭和記念公園へ写真を撮りに行った。
何でこんな暑い日にわざわざと思うが
カメラになれるためにも
練習にはやはりいろいろな花や風景を撮らなくてはね。
Aモードでシャッターを押してみる。
設定やシャッタスピードを変えてみる。
花に近づける距離が決まっているので
接写ができない。
帰ってからPCで見ても
あまり気に入った写真がない。
画像が暗い(撮る角度によって)
何を撮りたいのかはっきりしない写真ばかりが
並んでいた。
動くものには全然ピントが合っていなかった。

収穫はひまわりが見れたこと。

DSC_0255.JPG

紅葉している葉が綺麗だった。

昭和記念公園アルバム

クレマチスの色が変わって

DSC_0060.JPG

クレマチスがまた咲き始めた。
だが買ったときはブルーに近かったが最近咲いているのは
パープルから赤みが増してきたようだ。

梅雨はどこへ

DSC_0009.jpg
ベンケイソウ科 セダム属

雨が降らないのでベランダの水遣りが結構きつい。
朝見るとチョコレートコスモスがへろへろになっていた。

ビールポップ(セダム・モルガニアヌム)がかわいい。

午後から花博の出展内容のことについて
打ち合わせ。
デザイン、資材、花材について話し合う。
メンテをしないでそのまま置ける(飾って)物を考えると
生花でのアレンジは難しいかも。

暑さの中で

DSC_0013.jpg

グリーンネックレスをテーブルの下から撮ってみた。

暑い中で植物たちはがんばっている。
最近雨が降らないので
毎日水遣りが大変である。
あと2ヶ月以上もこの暑さが続くのだろうか。

ドラマが新しく始まったのでいくつか
チャンネルを合わせてみてみよう。
昨日始まった「東京湾景」はなかなか面白そうだが
主題曲といい設定といい
「冬ソナ」人気にあやかりたいという
製作者の意図が見え隠れするようで・・

半年先はわからない

DSC_0018.jpg

きっかけは患者さんの言葉だった。
いつもの薬をもらいに来た患者さん(50代後半ぐらいの女性)
「あちこちと調子が悪い、あそこが痛いここが痛い
自分より若い人が亡くなっていく、自分も半年先はわからない。」などなど
出てくる言葉はマイナスばかり。
慰めても励ましても耳には届かない。

さて私も気持ちはまだまだ若いつもりでも
頭の脳細胞は減っていくばかり、
先のことはわからないし、
今できることは今しないとね。
買ってから後のことは考えよう。
とデジ一眼レフを買うことにした。

夫に付合ってもらってショップにいって
D70を手に取る。
ショップオリジナルのセットのほうが
安いけれど(レンズが2本、三脚、256MBのカード付)
やはりキットのレンズ(デジカメ用新製品)を試してみたかったので
そちらにした。
専用の本2冊買って帰って勉強しよう。

ベランダでオートで撮ってみる。

「女は阿修羅だ」・・セリフより

IMG_9367.jpg 

ベランダのハツユキカズラがいい色になってきた。

ビデオ「阿修羅のごとく」を見た。
映像では始めてたが名前は以前に聞いたことがある。
4人の姉妹の家庭や親の生活について
エピソードでつなげていき、
顔で笑って心は鬼になっているような部分もあり、
なかなか面白い。
したたかな顔で表と裏を使いこなす。
見ていると実際はどちらなのかわからなくなってくる。

発想を転換して

IMG_9368.jpg

もしかしてデジ一眼レフを買ってしまうかも。
夫が買うのを待って借りようと思っていたけれど、
いつになるかわからないので
私が買って貸してあげることにすればいいと気がついた。
話してみるとちょっと驚いて
「○○に小判」「○○に真珠」と言っていたが
私が言い出したらきかないのを知っているので
あきらめたよう。
銀塩一眼レフを持ち出してレンズのことを
説明してくれたが実際に写してみないとね。
とりあえずぼちぼちと
やっていこうと思う。
週末ショップに行ってみる予定。

7月になってちょっと元気がなくなってきているけれど
まだビオラが咲いています。

ブルーベリー

IMG_7600.JPG

先日の雨風でブルーベリーの実がほとんど落ちてしまった。
自然相手だからしょうがないけれど、
商売にしている人たちの果物や野菜が被害にあったりしたら
大変だろう。

今日から7月、職場で市の健康診断が始まった。
ちょっと忙しくなった。

« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »